キーノスロジックITナレッジ

システムに関する豆知識をキーノスロジックからお届けします。

アメリカと日本とでの違いの一つに、日本ではパッケージソフトが流行りにくい傾向があるというお話。

アメリカと日本とでの違いの一つに、日本ではパッケージソフトが流行りにくい傾向があるというお話。

私たちの開発者には過去にアメリカで3年間ほどシステム開発をしていたエンジニアがいます。非常に優秀なエンジニアで、特に設計においては、様々なリスクや、運用においての可能性、先々の拡張性などを考えより良い設計をしてくれます。

 

そんな彼がアメリカで暮らしている時の話をしてくれました。

「アメリカと日本とでの違いの一つに、日本ではパッケージソフトが流行りにくい傾向があるようだよ」と。

 

この記事はあくまで我々の主観が多く混じる話ですが、非常に興味深い話でした。

理由については以下のようなものです。

 


日本とアメリカの文化の違い


 

日本では他社との差別化を図る為に、業務自体が社内独特の体制となるケースが多く見られます。

パッケージソフトは多くの業種、業態に合うように汎用的に作られます。そのため、自社独自の業務と合わない部分が多く出て来てしまうのです。その業務と合わない部分がネックとなりオーダーメイドでシステムを作る事になる。

アメリカでは考え方が異なり業務と合わない部分業務をそのシステムに合わせる。あるいは、低賃金で人を雇いそのシステムと合わない部分を人海戦術で乗り切るかと言うやり方をとっていたそうです。

アメリカと日本とで雇用に対する法律的な部分や考え方の部分が異なる為、人を雇うのは難しいと言う部分なども関係して、対応が異なってくるのかと思います。

 

この話しで大切なのはパッケージが優秀やオーダーメイドが優秀と言う話では無く、アメリカの考えが正しい、日本が正しいなどの話でもありません。

既存の業務を無理矢理全てシステム化しようとするあまり、システムを導入して手で少し作業する事を拒否してしまう事があります。その為システムの要件を複雑にしてしまい、その結果導入のコストが高くなってしまう事が少なくありません。さらには、業務のどこを効率化するとシステムの導入がより有効的か、システム導入を通して何をしたかったのかを見失う事があります。

 

システムを導入する際は自社の業務の分析を行っていただく事で、根本的な無駄な作業も発見できたり、システムをより効果的に導入することが出来るので、開発を検討されている方は是非自社の弊社ではシステム導入を検討されているお客様が実現したい事を見失わないよう、担当者が開発との間に入りながら話を進行していきます。

分かりやすい言葉で、お伝え致しますし、確認したいこと等を気軽にお伝え頂ける環境をご用意致します。そして、実際に開発開始後もその担当者が引き続きサポートする事で、開発途中でお客様との認識がずれていないかチェックを行い、理想のシステムを実現致します。

 

話を聞いてみたい、まだ何も企画が固まっていない、と言う方もまずはこちらのお電話か、お問合せフォームよりご連絡下さいませ。

担当者より1営業日以内にお返事を致します。

自社のシステムをオーダーメイドで作るなら信頼と実績のあるキーノスロジックでどうぞ。