キーノスロジックITナレッジ

システムに関する豆知識をキーノスロジックからお届けします。

システム開発において業務フローは皆様の想像している以上に大切であるという事

以前の記事にも記載致しましたが、システム開発においてお客様に最初にヒアリングする内容は


「お客様の要望を聞く」


と言う事です。

お客様は実現したい事があり、それを実現する為の要望を抱えている為、それをお伝え頂きます。
そしてシステム開発会社はそれを実現するためにシステムを考えてくれる存在です。
しかし、それを言われたままに開発を進めて行くと不思議と思うようなシステムが仕上がりません。

 

何故か?

 

その理由は凄く簡単なことで、お客様の業務をシステム開発会社が理解していない状態で話が進んでしまうからです。

 

できあがったシステムが、想像と違うものになる理由

勿論、営業担当者やプロジェクトリーダーは理解をしていると思います。

しかし、実際にプログラムを作成する人間がどこまで理解しているのかは不明瞭だったり、社内共有が出来ていないケースと言うのも存在します。
あるいは、そもそも営業やプロジェクトリーダーの業務理解が足りていないケースもあります。

そうならないためにはお客様に業務を事細かに伝えて頂く必要があるのです。

システム化を図りたい部分をピンポイントに切り取ってでは無く、
その前後の作業、行動や、帳票や、既存のシステム等、細部をお伝え頂く必要があるのです。

この洗い出しをし、業務フローを作る事が大切になります。

 

誰が 誰に いつ どこで どんな資料を
システムか手書きか チェック作業はあるか
チェック作業の項目 上長の承認

 

等など、様々なケースが存在する為、上記の例はほんの一例ですが、社内の業務を詳細に書き出す必要があります。

そのシステムが担う役割」を作り手側の人間全員が理解し、実業務での前後の作業を理解する事により、実業務を本当に効率化するシステムを作る事が出来ます。

 



業務フローの作成についても、
弊社ではヒアリングを行いながらお客様のフロー作成のお手伝いをさせて頂いております。

また、私たちの取り組みとして、お客様との見解の齟齬が起きない様に
プロジェクト開始前には参加者全員でドキュメントを確認しながら、絵や図などで言葉以外の形でも認識のすり合わせを行い、定期的なミーティングを実施することで、より良いシステムをお客様へ提供させて頂いております。

キーノスロジックではゴールとスタートがずれない様にする為に、
担当者が開発との間に入りながら話を進めて行きます。

分かりやすい言葉でお伝え致し、確認したいこと等を気軽にお伝え頂ける環境をご用意致します。
そして、実際に開発開始後もその担当者が引き続きサポートする事で、開発途中でお客様との認識がずれていないかチェックを行い、理想のシステムを実現致します。

まずはこちらのお電話かお問合せフォームよりご連絡下さいませ。
担当者より1営業日以内にお返事を致します。

自社のシステムをオーダーメイドで作るなら信頼と実績のあるキーノスロジックでどうぞ。